食っていくためにはなんでもする家出少女も少なくありません

この頃では家出少女といったところで、さほど珍しくも感じないように、家出をする少女たちの数は増加してきているのです。
おまけに、そういった少女たちに対するイメージもあまり良くはないのです。
その理由として、この頃の家出少女というものは、あるサイトを通して自分の身体を買ってもらう代わりに泊まるところを提供してもらう場合が多いからです。

すべての家出少女がそうであるわけではなく、そういったサイトを利用せずに友人のところなどに世話になったりしている子もいると思いますが、その場合はすぐに実家へと戻されてしまうのがオチです。
彼女たちにしてみれば、できるだけ家出をしていたいわけであり、そんな時に利用するのが「神待ちサイト」ということになるのです。
このサイトは、家出している少女と、彼女たちにご飯を与えたり、宿泊できる場所を提供したりする男とをつなぐもので、ある意味では援助交際の一形態であるといえます。

このようなサイトを利用する場合の他にも、一般の掲示板やSNSなどを使って「神」を探している子もいるようです。
このような方法で、現代の家出少女たちは泊まる場所と食べる物を調達しているのです。
しかし、男の人に泊まるところと食べる物を提供してもらう見返りとして、彼女たちは自分たちの身体を提供しなければなりません。
タダでご飯を食べさせてくれたり宿泊させてくれることはまずないでしょう。
彼女たちもそれを覚悟の上でやっているのであり、彼女たちが「体を売って逃げる少女」などと呼ばれるのはこういった理由からきているのです。